スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Apparat / Walls 

どうも飽きっぽい性格はどうしようもなくて・・・

いつかしようとは思っていたのだけれど。
さきのばしーさきのばしーで

更新しなかった間に買ったアルバムも追加しときまふ・・・


またこういうことがあると思いますが末長くどうぞ('`

音楽の趣味が変わりすぎていて追い付かなかったのさ


今回はこちらを紹介。

Walls

Apparat / Walls

1 : Not A Number
2 : Hailin From The Edge
3 : Useless Infomation
4 : Limelight
5 : Holdon
6+7 : Fractales Pt.I PtII
8 : Birds
9 : Arcadia
10 : You Don't Know Me
11 : Headup
12 : Over And Over
13 : Like Porcelain
14 : Holdon A-Mirror Version*

*Bonus Track For Japan

個人的なオススメは1、6、11です。


まさか曲が全部あるとは思わなかった(´∀`)

97年にデビューしていてすでに3枚のアルバムを出しているので
結構なベテランです。
・・・というかこっち方面に詳しい方は知っていると思うのですが。

このアーティストが本格的に有名になったのはAllen Allienと共同作を作ってからなんですが
まぁその話は置いといて。

1st『Multifunktionseben』はアンビエント作、
2nd『Tttrial And Error』(ミニアルバム扱いになっている)でビートを取り入れ
3rd『Duplex』ではギター・サックスを取り入れていて、
そして初のボーカル作でもあります。



そして今回このWallsでは、過去の作品を全て取り入れているような印象を受けます。
ただ、このアルバムはApparatが有名になったEllen Allienとの共同作、「Orchestra Of Bubbles」
の延長線上にある気がします。
このアルバムが気に入った方はこっちもどうぞ。

始まりはストリングスを取り入れたインストの曲で静かに始まります。
中盤以降の生音とビートとの重なりが最高です(´∀`*)

2曲目からボーカル曲が始まります。
マスタリングを担当した人の影響か、クールな印象を受ける曲ばかりです。
音の作りが丁寧で、センスが感じられます。

このアルバムの目玉のM9も大変美しい曲ですが
やっぱりなんといってもM11のHeadupが最高。
男性ボーカルとエレクトロニカをここまで美しく組み合わせるとは。
「Headupheadup」という言葉がなぜか耳に残って仕方がない(゚Д゚)
最後のOutroの13曲目も手を抜かず曲に浸ったままチルアウトします。

曲の構成、曲順ともに文句無し。
むしろボーナストラックなんてバランス壊すものいらないんじゃ・・・
コンピレーションアルバムによくある「途中で聞き飽きる」ということがなく、
最初から最後まで飽きることなく楽しめます。

寝るときに聞いたりしますが
大抵M6あたりで寝てしまうので一番好きなM11に辿り着かない(・∀・)

夏休みでクーラーかけ過ぎのあなた、
聴覚で涼しくなってみませんか。

環境にやさしいアルバムです:)
スポンサーサイト

管理人iPodの上位25曲晒し ver.002 

1 - Evil has Never / Union Of Knives
2 - One Fine Day / The Offspring
3 - Valentine / Delays
4 - Batcat / Mogwai
5 - South Central / Castle Of Heroes
6 - Await Rescue / 65daysofstatic
7 - Do It Again / The Chemical Brothers
8 - Goodair / Erast
9 - Falling Away From Me / Korn
10 - Crying Shame / Muse
11 - Operated On / Union Of Knives
12 - I Decline / Union Of Knives
13 - Morning Rage / UNKLE NEW
14 - Drove Through Ghosts To Get Here / 65daysofstatic
15 - Lick Black Gold / Union Of Knives
16 - Hardware Store / Weird Al Yankovich NEW
17 - Retreat! Retreat! / 65daysofstatic NEW
18 - Pogo / Digitalism
19 - Voronej / Erast
20 - Dare / Gorillaz
21 - Golden Skans / Klaxons
22 - Living In Chaos / The Offspring
23 - Special Delivery / The Offspring
24 - Opposite Direction / Union Of Knives
25 - Summertime Clothes / Animal Collective NEW


最近は新しいアルバムばかり買っていたので
そちらを聞いていたこともあり、あまり順位は変わっていません。
UNKLEの3rdは大好きだったのに今まで聞かなすぎた((´∀`))
Yankovichの曲はネタとして入れたけど予想外にハマってしまった・・・
歌詞が面白いからiPodに日本語訳ぶち込んで見ながら聞いてます。

順位の伸びが一番すごいのはAnimal Collective。
まだ買って数週間しか経ってないのにもう食いこん㌦(゚Д゚)
買って数週間しか経ってないのにこのアルバムの国内盤が出るらしい!
ちくしょう買う時期間違えた!
買い直すか・・・λ....


Digitalism 

Digitalism

ジャンル:テクノ・エレクトロニカ

1st : Idealism (邦題:デジタル主義)

Other : Hands On Idealism
Other : Moshi Moshi - EP

メンバー:
左 : Isi (Ismail Tuefekci)
右 : Jence (Jens Moelle)

ドイツ出身。02年結成。
2人が出会ったのは地元のレコードショップ、
「Underground Solution」という店で、
Jenceは当時こそでアルバイト学生として働いていた。
そこにIsiは常連客として良く訪れていて、
いつの間にか2人は音楽関連の話をし出すようになり
音楽の趣味が合っていたせいかいつのまにか意気投合していた。
親しくなった二人は共にDJ活動を行うようになり、
第二次世界大戦のときに使った倉庫を「バンカー」と名づけ、
そこにスタジオを立ち上げた。

二人がDJ活動をスタートさせて最初に手掛けたのは
White StripesSeven Nation Armyで、
(ちなみにそのMixはこちら。)
このMixの評判は上々で、多くのDJからプレイされた。
2作目として自分達の初のオリジナル・トラックになる「Idealistic」を収録した。
このデモ・テープを様々なレーベルに送ったが、
「Kitsuné」以外のレーベルには見向きもされなかった。
唯一引っかかったKitsunéをホームグラウンドとして
まず自身がKitsunéに送った曲「Idealistic」をシングルでリリース。
この作品は多くのDJ達の間で話題になり、
さらにたった1日で完成させたという「Zdarlight」を発表すると、
これまたDJ達に大評判になり、この2曲は多くのクラブを沸かせることになった。
彼等の存在は雑誌、メディアに大きく取り上げられ、
その結果、リミキサーとしての依頼が殺到、
Daft Punkを始め、Tiga、Klaxons、The Presets等の大物アーティストからの依頼を受け、
デビューからたった数年しか経っていないにもかかわらず
異例のスピードで人気を獲得していった。

エレクトロニカに分類されているが、
ロック色を強く押し出した作風が特徴で
特にシングルにもなった「Pogo」は
ロックの色合いにパンクの要素を加えたりと、
エレクトロニカというジャンルを完全に踏み越え
ニュー・レイヴというジャンルを生み出したKlaxonsと同じく、
新たなエレクトロニカのアプローチの仕方を切り開いた
作品のひとつになっている。

65daysofstatic 

65daysofstatic

ジャンル:ポストロック

1st : The Fall Of Math
2nd : One Time For All Time
3rd : The Destruction Of Small Ideas

Other : B-Sides & Rarities Volume 1: '...Then We Take Japan'


メンバー:
Simon Wright (B)
Paul Wolinski (G, Raptop)
Rob Jones (Dr)
Joe Fro (G)

イギリス出身。
01年にポールがジョーと出会い、結成される。
当時はIain Armstrongというベースを受け持つメンバーがいたが、
03年に脱退し、バンドは窮地に立たされるが、
ドラムのロブが加入することにより、体制が保たれた。
それまでポールが扱うラップトップの影響で
エレクトロニクスよりだった音楽にドラムが入り、
バンドとしての活動をすることになった。
それから程なくしてイアンに代わるベーシストのサイモンが加わり、
現在の形になる。

バンド名の由来は
映画から取ったという説(映画の名前は不明)と、
CIAのグアテマラのクーデター(1954年)から付けた(※2)というもの、
また、1950年代から60年代に行なわれた心理実験(※3)に由来しているという3つの説がある。
※2 CIAは一国の通信システムを65日間にわたって機能停止にし、
その間に国家転覆に十分なほどプロパガンダが行き渡るようにした。
※3 その実験では、65日間ホワイトノイズ(つまり「スタティック」)にさらされた場合、
人は狂気に至るという結果が報告されている。

[引用元ページ]

強烈なブレイクビーツに加え、ギターが轟音を唸らせているその音は、
Mogwai Meets Aphex Twin」と評されている。
1stでは主にシンセとギター、ベース、ドラムで成り立っていたが、
2ndでは新たにピアノ等の美メロを加えて
破壊衝動をイメージさせる音から一変、
「破壊から生まれる悲しみ」を感じさせる音楽に変貌している。

Animal Collective 

Animal Collective

ジャンル:ロック・ノイズ・フォーク

1st : Spirit They're Gone, Spirit They've Vanished
2nd : Danse Manatee
3rd : Hollinndagain
4th : Campfire Songs
5th : Here Comes the Indian
6th : Sung Tongs
7th : Feels
8th : Strawberry Jam
9th : Merriweather Post Pavilion

Other : Prospect Hummer - EP
Other : People - EP
Other : Water Curses - EP


メンバー:
エイヴィー・テア Avey Tare (本:David Portner)
パンダ・ベア Panda Bear (本:Noah Lennox)
ジオロジスト Geologist (本:Brian Weitz)
ディーケン Deakin (本:Josh Dibb)


アメリカ出身。
97年頃に結成。
90年代初期から中期にかけて米ボルティモアで
パンダ・ベアとジオロジストが「The Cartels」、
エイヴィー・テアとディーケンが「Auti Mine」を結成。
メンバーが大学へ進学した後に一緒に作曲をしたりして
交友を深めていった。

'00年に1stデビューアルバム「Spirit They're Gone, Spirit They've Vanished」
を発表。
アコースティック・ギターと力強いドラムと電子音をちりばめた
色彩豊かで音でその中に「空間」を感じることができる。
踊れそうだけどよくよく考えてみたらこれっぽっちも踊れそうにない。
当時の音楽シーンからは逸脱していて、
「万人受けとは程遠い」作風を備えた
そのとんでもない異世界サウンドは
常に新しい音を求めているアンダーグラウンド層で人気を博した。
そこからしばらくは地道な創作が続いたが、
Animal Collectiveが地上に出てくることになったのは
6thアルバム「Sung Tong」であった。
音楽の方向性をポップに持っていきながらも
しっかりと周りからは孤立した(?)サイケデリックな音楽で
アンダーグラウンド層を飛び出して一般の人々までもを陶酔させ、
注目を浴びたAnimal Collectiveは07年にArctic MonkeysFranz Ferdinand
等の主力アーティストを掲げるドミノ・レコーズと契約。

有名な会社と契約したこともあってか、
(自身の音楽の特徴が観衆受けのしやすいよりポップな方向に向いたこともある)
8thアルバム「Strawberry Jam」は全米72位、
9thアルバム「Merriweather Post Pavilion」は全米13位と、
着々と彼等のアンサンブルを全世界に広めていっている。

| HOME | NEXT
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06« 2017/07 »08

検索フォーム

プロフィール

 Author : いえ
 いらっしゃいませ。
 管理人のプロフィール等は概要をご覧ください。




 のーみゅーじっくのーらいふ。

 地下鉄通学も音楽があれば辛くない!
 ただし音漏れには気を付けよう(゚д゚)




お暇があればクリックお願いします。

▼レビューアーティスト一覧▼
          (クリックで開閉)

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。