スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mogwai - Come On Die Young 

Come On Die Young

Mogwai / Come On Die Young

99年発表

1 - Punk Rock (2:09)
2 - Cody (6:33)
3 - Helps Both Ways (4:53)
4 - Year 2000... (3:26)
5 - Kappa (4:52)
6 - Waltz For Aidan (3:44)
7 - May Nothing But Happiness... (8:30)
8 - Oh! How The Dog Stack Up (2:04)
9 - Ex-Cowboy (9:09)
10 - Chocky (9:23)
11 - Christmas Steps (10:39)
12 - Punk Rock/Puff Daddy/An Chris (2:14)


新たなジャンルを切り開いた1stアルバム「Mogwai Young Team」から2年、
Mogwaiは更なる新風を吹かせるために本アルバム「Come On Die Young」を発表。
1stアルバムの肉体的で重厚なサウンドを聞いた人々は、
更なる轟音のカタルシスを期待して本アルバムを手にした。
しかし、そんなことなんて知ったこっちゃない、かとでも言うかのように
Mogwaiはあっさりとそんな期待を裏切った。
Mogwaiがこのアルバムで目指したのは
ギターとドラムから成す爆音ではなく、
「静寂と混沌」であった。
前作で「静→動」の推移が凝縮されて収められていたのに対して、
近作では穏やかに響く余韻が主張トーンになっている。



アルバムは「Punk Rockとは何か」を熱弁するIggy Pop
演奏に乗せる、という意味深な始まり方をします。
Mogwaiがパンクについてどう思ってるかはわかりませんが
(多分いいイメージではない気がする)
このアルバムをパンクで囲むのに一体どんな意味があるのでしょうか。
2曲目Cody (Come On Die Youngのそれぞれの頭文字を取っただけ)では、
Mogwai初の歌付きの曲が披露されます。
ただ気合いを入れて歌ってるわけではないので
音の一部として捉えたほうが自然かもしれません(゜∀。)笑

その後、アルバム後半の「Ex-Cowboy」や「Christmas Steps」に
行くまでは一貫して「静寂から生まれる混沌」を追求していて、
特に「Helps Both Ways~May Nothing But Happiness...」の流れは
曲ごとにリズムは違えど、
一つの曲として捉えても違和感がないほど統一性があります。
自分は、この5曲の作品を聞くにあたっては必ず
「Helps Both Ways」から聞きます。
この流れを途中から聞くということは、
4コマ漫画を2コマ目から読むのと同じだって思ってます(・∀・)

そしてCODY物語の架橋の「9 - Ex-Cowboy」から
だんだんと曲調が激しくなっていきます。
前作と違う所は、ドラムの音が強調されている所です。
乾いた、というと悪いイメージが付いてしまいますが、
よりくっきりとドラムの音を聞き取ることができます。
より精密な音を求めたならば当たり前かもしれませんね。

ピアノの音色が悲しげに響くChockyを挟み、
ついにMogwaiの代表曲の1つである「Christmas Steps」に入ります。
10分という曲時間の中で、狂気剥き出しの展開になるのは1分程度ですが、
「鬼気迫る」という表現が本当にしっくりくる曲で、
今でも聞くときは少し身構えてしまいます(;^ω^)
曲の中盤で爆発が起こり、その後は荒波が収まるかのように
ゆっくり、ゆっくりと余韻を残して去っていきます。
本当に良く出来た曲だなぁ…(´∀`;)



このアルバムは個人的にiPodで気軽に聞ける作品ではなく
寝る前にコンポで流すようなアルバムだと思ってます。
一曲一曲の粒は小さいけど、粒が繋がってるために大きな粒に見える
って感じでしょうか(゚Д゚)

まだ再生数は少ないのですが
(Christmas Stepsの再生数は異様に多い)
これほど飽きが来なさそうなアルバムは珍しく、
間違いなく今後長く付き合うことになっていくアルバムになるでしょう!


スポンサーサイト
CD購入劇その3 | HOME | Mogwai - Mogwai Young Team

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03« 2017/04 »05

検索フォーム

プロフィール

 Author : いえ
 いらっしゃいませ。
 管理人のプロフィール等は概要をご覧ください。




 のーみゅーじっくのーらいふ。

 地下鉄通学も音楽があれば辛くない!
 ただし音漏れには気を付けよう(゚д゚)




お暇があればクリックお願いします。

▼レビューアーティスト一覧▼
          (クリックで開閉)

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。