スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Union Of Knives 

Union Of Knives


ジャンル:ロック


1st Album : Violence & Birdsong (06年) 【レビュー
2nd Album : The Anti-Fire (09年発売予定)


メンバー:
クリス・ゴードン(Vo,G)
デイヴ・マクリーン(Sound)
クレイヴ・グラント(Vo,G)


グラスゴー出身。
Massive Attackのような暗めのサウンドが特徴的。
鬱々しいながらにポップに作られたサウンドが高く評価され、
海外では
“ロックからMassive Attackへの回答”
Radiohead Meets Joy Division
などといわれている。

結成のきっかけはクリスとデイヴがグラスゴーのNICE'N SLEEZYという
クラブで知り合ったことから始まる。
しかし暫くはデイブはサウンドエンジニアー、
クリスはバーの裏で働く等して個々に曲作りを行い、別々の仕事をしていた。
そんな二人はアメリカから越してグラスゴーへ来たクレイヴと
再びNICE'N SLEEZYで知り合い、
クレイヴが即興で作った音楽が二人に刺激を与えて
一緒にUnion Of Knivesとして曲作りを始める。

05年11月に『Evil Has Never/Operated On』
06年4月に『I Decline』
(I Decline/Go Back To School/Is Sweetheart/I Decline Remix)
06年6月に『Taste For Harmony/Big Heart Breaking』
06年12月に『Operated On』
(Infant Eyes/Operated On/Every Treasure/Taste For Harmony Remix)

を次々と発表し、アンダーグラウンドで
徐々に人気を集めていく。

一気に表舞台に出てくるきっかけとなったのは、
同じくグラスゴー出身のエル・プレジデンテのリミックスを手掛けたことである。
My Bloody ValentineやMassive Attack、
PortisheadやNine Inch Nailsの「Fragile」等、
様々な音のエレメントを飲み込んだ、
幅広いダークなサウンド構成は瞬く間に人々の間に広がっていった。


スポンサーサイト
MGMT - Oracular Spectacular | HOME | Union Of Knives - Violence & Birdsong

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03« 2017/04 »05

検索フォーム

プロフィール

 Author : いえ
 いらっしゃいませ。
 管理人のプロフィール等は概要をご覧ください。




 のーみゅーじっくのーらいふ。

 地下鉄通学も音楽があれば辛くない!
 ただし音漏れには気を付けよう(゚д゚)




お暇があればクリックお願いします。

▼レビューアーティスト一覧▼
          (クリックで開閉)

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。